複層ガラスで断熱性向上

受付電話

複層ガラス

複層ガラスを使って断熱性を向上させる

生活向上のために建物上の建材は日々進化していっています。その中で断熱性能の向上は、生活コスト面でも削減が求められていて大きく空調システムによって暖められたり冷やされたりと空気を室内に閉じ込めて外気によって熱の移動が行われるのを防いでいます。しかし、断熱材の性能が上がる一方でも変化が得られないものもあります。それが、ガラスです。一般的に使用されているガラスはフロートガラスと呼ばれるものです。このフロートガラスの断熱性能は、トタン板一枚と同程度とされています。例えば夏期で窓ガラスなどの開口部から入る熱は全体の70%程度。冬期で開口部から55%程度の熱が逃げていくと研究機関から公示されています。断熱材の性能が向上してもガラスを通して熱循環されて空調効率の悪化や結露の発生を生じさせてしまうのです。このの循環問題は、ガラス交換によって改善が見込める可能性があります。断熱性能を高めるのでしたら複層ガラスがお勧めです。複層ガラスとは複数のガラスを重ね合わせてた構造となっています。中間層には乾燥空気を入れることや真空にするケースもあります。この中間層が断熱材の代わりとなるので熱の移動や結露の発生を防いでくれるのです。これによって建築物の劣化を防ぐだけでなく空調効率が比較的に向上されるので光熱費のコスト削減にもなります。 その他には、二重窓を設置するという方法もあります。デメリットとしたは、施工場所が限られるといった欠点があります。どちらを施工するべきかは、それぞれの特徴をよく比較してからにするのが望ましいです。