や行のインデックス

総合修理受付0120-931-239

ガラスの修理や交換に24時間受付

ガラス関連の用語

や行のガラス用語目次



汚れ防止ガラス

ガラスに汚れが付着しにくい機能(セルフクリーニング機能)があるガラスのことを言います。2004年に日本板硝子が「クリアテクト」の名称で商品化していて光触媒機能を応用し製造されています。

ガラスが汚れる原因について
ガラスが汚れる原因は、天候や様々な要因がいくもありますが、その中でも最も多いのが大気中の塵や埃による汚れです。風が吹くなどして空気が動くことによって、その反動で塵や埃がガラスに衝突して吹きつけられるように付着していきます。非常に付きやすい汚れなのですが簡単に落とせるのも特徴となっています。ただし、塵や埃の中には、時間経過によって汚れを固着させる成分が含まれているので長期にわたって汚れを放置すると簡単には汚れを落とせなくなっていきます。この成分は珪砂と呼ばれていて塵や埃のほかにモルタルや水道水にも含まれています。例をあげるなら、水道水で濡れたり乾いたりを繰り返すような場所に使われるガラスには、落ちにくい汚れが発生しやすい環境にあるされています。また、手などでガラスに触れれば手についている有機分子がつきます。ガラスに付いた有機分子も塵や埃を付着させる原因の一つとなっています。当然のことですがガラスに触れたもの自体が汚れていれば汚れがガラスに移って汚れていきます。他にも油や煙草のヤニによる汚れも多くみられます。キッチンやダイニングといった特定の場所や喫煙者の居る家庭で起こりやすいガラス汚れの原因のひとつとされています。



受付電話