あ行のインデックス

総合修理受付0120-931-239

ガラスの修理や交換に24時間受付

ガラス関連の用語

は行のガラス用語目次

撥水性 

光触媒

光触媒とは、太陽や蛍光灯などの光が当たると、その表面で強力な酸化力が生じ接触してくる有機化合物や細菌などの有害物質を除去することができる環境浄化材料のこと。触媒とは、それ自身は変化することがなく他の物質の化学反応を促進する効果を持つものを指します。そこで、光触媒は、光(紫外線)を受けることで強い酸化分解作用を起こし有機物を水とCO2に分解させる。一般に光触媒として利用されているのは、二酸化チタンで人体に無害な物質が用いられています。この酸化チタンをガラス表面にコーティングすると光が当たる面で付着した汚れを分解させて表面から浮き上がらせる効果がある。そこに降雨(散水)があれば汚れは雨とともに流れ落ちる。これがセルフクリーニングと呼ばれる作用なのです。光触媒は、光を照射することで触媒作用を示す物質の総称です。また、光触媒作用は光化学反応の一種と定義されています。

このことを利用して、光触媒ガラスと言う製品が有ります。光触媒機能を外面に付加した極めて汚れにくいセルフクリーニングガラスです。降雨への暴露や散水栓などを用いた散水を行うとガラス表面の汚れを簡単に落とすことができる利点があります。水が全面に行きわたり散水後に水滴を残しにくいので窓ガラスの塩害に悩む海辺の建物の窓に効果的です。散水だけで洗剤を必要としないので環境にも優しい製品です。


受付電話