ガラス修理隊

総合修理受付0120-931-239

ガラスの修理や交換に24時間受付

ガラス

ガラス修理隊について

ガラス修理隊は、マリン水道サービスの系列会社です。
加盟店ネットワークで業務提携のガラス屋やガラス店。または、当社スタッフが各地域に在籍しガラスの修理や交換などのサービス提供を行っています。ガラス関連のトラブルや設置工事などのご依頼があるお客様からの電話受付後、担当する技術者からご依頼内容の確認のお電話確認の際にある程度のお見積もり提示を心掛けています。しかし、なるべく変動の無いように努めてはいますが同一条件同一症状で同じ現場は、ほぼありえません。また、現場の設置状況、ガラスの形状や種類、現場の状況により事前提示した料金よりも変動する場合もございます。ガラス事業部独自の安心保証として、当社の技術力不足が原因で修理施工キャンセルになった場合には、無償とさせていただきますがデザインガラスや特殊なガラスの取り寄せで後日作業となった際には、一部代金を先にお預かりさせて頂こともあります。できる限りお客様のニーズに合致したご提供ができればいと社員一同願っています。

地図
複層ガラスで断熱性向上 災害に強いガラス ガラスは、熱割れする ワイヤーガラスの特徴 ガラスの種類 様々なガラスの種類

ガラス修理隊の母体であるマリン水道サービスは、北海道・東京横浜名古屋大阪神戸京都福岡など全国幅広い地域で緊急の水道修理(工事)を行ってきました。また、さまざまなアンケートも実施してきましたがお客様の要望が多かったのが「硝子」「鍵」等の生活トラブル全般の修理業務の拡大をご要望されていました。本年度から、ひび割れや割れたガラスの修理や交換、窓ガラスをペアガラスや防犯ガラスや防音ガラス等の機能ガラスに交換など、ガラスの修理やガラス交換を行う事業を立ち上げました。まだまだ、人材不足ですが社員一同精進していきます。近所のガラス屋さん(ガラス店)やガラスの修理交換サービスをお探しのお客様でしたら、ガラス修理隊にもご気軽にお声かけください。よろしくお願い申し上げます。

テクニカルチャート

料金

ガラス修理の割引料金

informationガラスの豆知識

ガラスの定義
まず転順に疑問に思うのがガラスは固体か液体か?なのですがガラスを定義することについては非常に難題でこれまでもいくつかの定義が発表されてきています。「目に見えて触ることもできるから固体である!」「構造論的を考慮すると、ものすごく冷えた液体である!」などなど、さまざまな議論がされてきまていますが言論ではでは、「ガラスは液体のような性質を持った固体のようなもの」と定義されています。どう考えてもどっちでもあるとしか思えなくかなりいい加減であいまいとしかいえない「ガラス」という素材は、いまだにはっきりと解明されていない秘めた可能性を持つ素材であるのではないだろうかと言えます。さて、ガラスは、もともと透明な板の形をしているわけではないのです。ガラスの原料は、実は砂です。それと合わせて、珪砂・ソーダ灰・石灰石などの自然原料を決められた比率で調合して製造されています。ガラスを「ソーダ石灰ガラス」と呼ぶことがありますが、この名前はガラスの原料が由来となっています。

informationガラスの歴史

ガラスが最初に作られたのは、はっきりとしたことが分かっていませんが多数の学舎や研究者が認めている最古のガラスは、西暦紀元前25世紀頃(約4500年前)だと仮定されています。最初にガラスが作られたと考えられている場所は、古代オリエントと呼ばれる地方なのですが最も製造が進んでいた時期が紀元前15世紀頃のエジプトだと仮定されていて、ガラス瓶や容器などが製造されていたようで発掘もされています。その後、紀元前1世紀ころ古代シリアで「吹きガラス」の技法が発明されました。吹きガラスとは細い鉄のパイプの先に溶けたガラスをつけ息を吹き込むことでガラスをシャボン玉のように膨らませる技法でガラスの成形されます。この製法で瓶や容器の製造に広く使われていきました。貴重品とされていたガラスですが、この技法により一般化され多方面に技術が広がっていきました。日本で有名なのが北海道の北一硝子さんやふらの硝子さんが有名です。吹きガラスの創作体験もできるので興味が有れば行ってみてください。話はそれましが日本で発見された最古のガラスは、弥生時代前期と考えられていますが日本におけるガラスの歴史では、西暦1549年フランシスコ・ザビエルが来日したことにより加速していきましたがキリスト教の布教のため、当時の領主にガラスの器や鏡、眼鏡などを贈ったそうです。その後、海外との交流が盛んになっていき多くのガラス製品が輸入されていきガラス作りも盛んになっていきました。


ガラス交換や修理の総合受付